千歳基地航空祭2022 ブルーインパルスの参加が決定 ブルーインパルスの展示飛行は3年ぶり



北海道のニュース

千歳基地航空祭2022 ブルーインパルスの参加が決定 ブルーインパルスの展示飛行は3年ぶり

3年ぶり 千歳基地航空祭2022 ブルーインパルス参加へ

航空自衛隊・千歳基地で2022年7月31日(日)に開催される「千歳のまちの航空祭(令和4年度千歳基地航空祭)」に、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」の参加が決まりました。

千歳基地航空祭でのブルーインパルス展示飛行は、2019年以来3年ぶりです。

展示飛行に参加する機種は、戦闘機が千歳基地のF-15戦闘機、三沢基地のF-35戦闘機の2機種です。

このほか、千歳基地に所在するボーイング777政府専用機、千歳救難隊のU-125A救難捜索機、UH-60Jヘリコプター、そしてブルーインパルスが飛行します。

本番前の事前訓練でも、これらの機種が飛行します。

航空祭は、入場人数の制限が設けられ、無料の一般入場は近く事前募集をはじめます。

有料観覧席はすでに、募集がスタートしています。

持ち込むカメラのレンズ長によって2つのエリアが設けられており、写真撮影用が計50席、一般用が70席、計120席分の募集を受け付けています。この締め切りは7月3日(日)24時です。

ブルーインパルスは、7月下旬に札幌市の「札幌エアショー2022」に参加予定でした。この企画の中止に伴い、2022年度の北海道での展示飛行の機会が無くなり、千歳基地航空祭での展示飛行が期待されていました。(FlyTeam)

 

 

 

千歳基地航空祭2022

千歳基地航空祭2022 開催は3年ぶり B777政府専用機展示飛行|2022年7月31日予定

千歳基地航空祭2022 開催は3年ぶり 政府専用機・ブルーインパルス展示飛行|入場応募方法 - 北海道どうでしょう
千歳基地航空祭2022 開催は3年ぶり 政府専用機・ブルーインパルス展示飛行|入場応募方法 - 北海道どうでしょう

千歳基地航空祭「千歳のまちの航空祭」。開催日程・観覧・入場応募方法。7月6日から入場応募の仮登録開始

dodesyo.com

-北海道のニュース