©HTB

ハナタレナックス

ハナタレナックス

 

ハナタレナックス

2000年から2002年まで同局にて制作・放送されていたバラエティ番組『いばらのもり』をリニューアルする形でスタートした。

開始当時のプロデューサーの福屋渉曰く、タイトルにもある「ハナタレ」には「洟垂れ小僧」という意味のほかにも、「光が放たれる」や「のあるタレント」という意味も込められている

前身である「いばらのもり」同様、北海道を拠点に活動している演劇ユニットのTEAM NACSが出演・主演。

番組開始当初は、メンバー5人が交代で自ら発案した対決企画などを放送。企画者が司会をし、他の4人と共にそれに挑戦。

ほとんどの企画ではメンバーが何らかのキャラクターに扮して企画に取り組むというのが主な内容であった。

また2003年9月には鈴井貴之監督作品でメンバーが全員が出演している映画『river』の宣伝を生放送で、2004年3月には『ミュージックステーション』に出演した大泉洋の密着VTRも放送されたことがある。

2008年3月頃からは、吉田理恵を始めHTBアナウンサーが司会進行を務め、メンバー達もキャラクターの設定なしで企画に挑む形になった。

2008年6月からは「北海道の笑顔プロジェクト」という企画がスタート。時折他の企画を挿みつつ、2019年6月に完結するまで実に11年にもおよぶ長期企画となった。

2018年5月9日からは、毎週木曜0:55 - 1:25(水曜深夜)に前週放送分の再放送が実施されるようになった。

同じHTB制作のほかのローカルバラエティ(『水曜どうでしょう』、『ドラバラ鈴井の巣』、『おにぎりあたためますか』など)とは異なり、CS放送を含む他地域の放送局への番組販売はされておらず、北海道以外の地域で本番組がテレビ放送で視聴できるのは、HTBの電波が届いている青森県の一部地域のみに限られている。

これについて、番組公式サイトのFAQでは北海道限定だからこそ出せるテイストを重視しており、当面全国放送の予定はないとしている。

レギュラー放送に関しては2018年現在もこのスタンスを通している一方、2015年からは特別番組という形で全国放送版も制作しており、毎年2月上旬にテレビ朝日系列で放送されている

金曜深夜放送だった頃、テレビ朝日が月に一度のペースで制作している『朝まで生テレビ!』をネットしていたため、その週は本番組を休止していた。そのため、約2か月遅れて放送開始した『おにぎりあたためますか』(毎週火曜日深夜放送)よりも通算放送回数が少なくなっている。

 

 

-ハナタレナックス
-,

© 2020 一生どうでしょう