HTB 北海道テレビ放送

HTB本社札幌創世スクエア移転 onちゃんはどこいった?

 

さっぽろ創世スクエア

HTB・北海道テレビ放送が、平岸本社から移転するさっぽろ創世スクエア。

建物は最新の技術と設備を有する都心の高層ビルで、HTB本社が入居するオフィス用高層棟は地上28階・地上高124.25m(最高高度131m)、北海道初の多面舞台を備えるコンサートホール『札幌文化芸術劇場hitaru』などが入る低層棟でも地上9階・約70mあります。

この大きな建物に、onちゃんはどこに鎮座されるのか。

少なくとも、高層棟の屋上では相当に離れた場所からでないと見えないでしょうし(超巨大onちゃんなら別ですが…)、低層棟側はHTBの利用する施設ではなく、主に札幌市が公共施設として使う前提だしで、はてさて、もしかすると onちゃんオブジェはなし、ってことになっちゃうのかしら?と心配をしておりました。

 

 

HTB南平岸社屋屋上に鎮座する onちゃん

HTB南平岸社屋の屋上には、笑顔の onちゃんが豊平川方向を眺めている姿があります。

白石藻岩通の市営地下鉄南平岸駅の高架をくぐると、高台の建物の屋上に onちゃんが見えてきて、「あ、あそこだあそこだ」とすぐにわかる目印になっています。

南平岸の onちゃんは、高層ビルとなる新社屋ではいったいどうなってしまうのか…

 

 

onちゃんを探しに 新社屋さっぽろ創世スクエアへ

というわけで、移転先であるさっぽろ創世スクエアの様子も見たいし、onちゃんはどうなっているのだろうということで現地へ向かいしました。

 

HTBのロゴ発見

onちゃんを探しにさっぽろ創世スクエアへと来たのは、移転を控えた2018年の夏のことでした。

HTBさんはもちろん、他の商業テナントや札幌市の施設などもまだまだオープン準備の工事作業が続けてられていました。

既に朝日新聞札幌支社が入居していることや工事車両や業者さんの出入りのためもあってか、地下駐車場は一般車両も利用可能となっていました。

エレベーターを上って、南西側のエントランスから屋外に出ると、「おっ!」

ガラス越しに真新しいHTBのロゴ。

 

 

建物の外周を周りつつ onちゃん(安田さん)探し

1階のHTB用エントランス付近にはそれらしい姿が見えないので、ひとまず建物をくるっと一周してみることに…

 

南側をてくてく

 

いろいろと「狙って」来るHTBなだけに、変なとこに埋め込まれてるんじゃ?などと疑いつつ軒天を見てみたりしながら、

 

国道5号線・創成通り(建物東側角)に

 

上の写真の位置から、見上げてみる(この日はとても日差しが強い日でした)

 

横断歩道を渡って、創成川を背にして見回してみる(左の建物はNHK札幌放送局)

 

創成川にかかる橋の中心位置から。東側は札幌文化芸術劇場hitaruの白い外壁が広がり onちゃんらしき姿は見えず

 

そうこうしているうちに、一周してしまい、元の場所に戻ってしまいました。

 

 

onちゃん いないねぇ…

やっぱり、建物の構造もそうだし、美観やら何やらとかもあって、onちゃんオブジェはなしなのかなぁなどと話しながら、さっぽろ創世スクエアが青空に向かってそびえ立つ姿を建物をパチリ。立派な建物です。

 

もう少し離れたところから写真を撮りたいと思って、向かい側の札幌商工会議所のビルのブロックに移動しようと信号待ちをしていたら…

 

ん?

なんか窓が黄色い?

 

あ!w

 

あわてて、右上を見上げると

手wwwww

 

 

onちゃんいた!www

ピーカンに近い強い日照りで、ちょうどうまい具合に見えない・気づかないという…。

ブンブンで目を鍛え直して来ないと……λ

というわけで

 

じゃ〜♪

 

じゃじゃじゃ〜♪

 

じゃじゃじゃじゃじゃ〜♪

 

じゃっじゃっじゃ〜〜〜〜〜ん♪

 

どーん!(安田さん

 

と、いうわけで若干頭上が窮屈そうではありますが、無事 onちゃんを発見しましたので、ご報告申し上げます (o▽n)っ

 

 

-HTB 北海道テレビ放送
-

© 2020 一生どうでしょう