©NHK

北海道のニュース

道央札幌郵便局で郵便物から不発弾か 職員300人が避難

 

爆発物と印字された郵便物がある

札幌市消防局によると、12月10日午後4時20分頃、札幌市東区東雁来8条3丁目の道央札幌郵便局から「爆発物と印字された郵便物がある」と通報があった。

当時、道央札幌郵便局の局舎内には職員300人程がいたが、全員避難して無事。

北海道警察は半径400m内の住民に外出を控えるよう呼びかけるとともに、当該郵便物の確認と捜査を行っている。

(STV)

 

郵便物の中から"不発弾のようなもの"
札幌の郵便局 周囲の道路を封鎖…300人が避難中

警察によりますと、2019年12月10日午後4時ごろ、札幌市東区東雁来の道央札幌郵便局で、郵便物の中から、不発弾のようなものが見つかりました。

警察は郵便局の局員約300人を避難させるとともに、周辺の道路を封鎖し、付近の住民に外出を控えるよう呼びかけています。

(UHB 2019/12/10 18:20

 

 

長さ60センチ 直径10センチの筒型

きょう夕方、札幌市東区の郵便局で、不発弾のようなものが見つかり、警察は一時周囲の立ち入りを規制しました。

その後、搬出作業が終わったとして、規制は解除されました。

警察によりますと、午後4時前、札幌市東区東雁来の道央札幌郵便局で、「郵便物の中に爆発物のようなものがある」と職員から警察に通報がありました。

警察が現場で確認したところ、郵便物の中から、長さおよそ60センチ、直径10センチの円筒形をした不発弾のようなものが見つかったことから、警察は郵便局の中にいた職員およそ300人を建物の中の安全な場所に避難させた上で、警察の爆発物処理班が撤去作業にあたりました。

作業の間は郵便局の周囲およそ400メートルの立ち入りも規制し、一時周囲は物々しい雰囲気となりました。

警察は通報からおよそ3時間後の午後7時過ぎ、不発弾とみられるものを搬出したとして、規制は解除されました。

警察は不発弾と観られるものを安全な場所に移した上で、自衛隊の協力を得て詳しく調べるとともに、送り主に事情を聞くことにしています。

(NHK 2019/12/10 20:45)

 

 

-北海道のニュース
-, ,

Copyright© 一生どうでしょう , 2020 All Rights Reserved.