北海道のニュース

札幌市電の架線に別の電線が接触一時運転を見合わせ

 

午前7時30分から運転を見合わせ

2019年12月13日(金)午前7時30分頃、札幌市電の運転士が、電車に電気を供給する架線の上に別の電線が垂れ下がっているのを見つけ緊急停止しました。

現場は、札幌市中央区南1条西6丁目交差点付近で、垂れ下がった電線が市電のパンタグラフに絡まり市電の架線を切断するおそれたあったため、電車はその場で停止したまま、およそ16分間運転を見合わせました。

応急措置のあと市電は運転を再開し、その後接触していた電線の撤去作業が行われ平常運転に戻りました。

朝のラッシュ時間帯と重なり、約1500人に影響が出ました。

STVニュースより

STVニュースより

STVニュースより

 

 

-北海道のニュース
-,

Copyright© 一生どうでしょう , 2020 All Rights Reserved.